スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頂き物です!!(宝物とも言う 3

蓮の花  なぎ 様より
 またまた、素敵な!!SSを頂きました!!
 ありがとうございます♪
 
 前回に頂いた童話風SSのその後でございますよ!!
 あの二人の話です!!
 え!?誰か? ですか…
 それは読んで頂けるとわかります♪
  

            dou-16.gif
           ※↑このアイコンはなぎさんに
              贈呈なのでなぎさん以外は
              お持ち帰り禁止です。

  なぎさんから「他の方もお持ち帰りしてもらってください!」っとの
  優しいお言葉がありましたので、お持ち帰りOKです!!  


 ↓皆様!!どうぞ!!

□童話2 騎士手塚+魔女柴崎



魔女(柴崎)
魔女の一日は早いです。
朝起きて、水汲みをして、ご飯の準備をします。
そして、律儀に外の天幕で眠る騎士を起こしにいきます。
騎士(手塚)
「ご飯が出来たわ。食べるでしょ?」
「あ、すまん」
騎士は用意されたバケツで顔を洗い、魔女と一緒にご飯を食べます。
「今日は、お手伝いあるわよ」
さっそくのお手伝いに、騎士は喜んで引き受けます。
「何があっても守る」
上機嫌で答える騎士に、魔女は頼もしいと微笑むのでした。
騎士がご飯を片付け始めると、扉を叩く音がします。

ミニ(堂上)ミニ(郁)ミニ(小牧)ミニ(柴崎)ミニ(手塚)
「先生!おはようございます」
お客様は小さな子供たちです。
「?、だあれ、おじさん」
子供たちの視線に、騎士は固まりました。

魔女(柴崎)

「先生の使い魔でーす。今日はみんなのお勉強のお手伝いをしてくれまーす」
騎士(手塚)
「え、使い魔?な、え?」
ミニ(堂上)ミニ(郁)ミニ(小牧)ミニ(柴崎)ミニ(手塚)
「おおー」

騎士の心を知らず、授業が始まると子供が質問をします。
「先生!あの大きな包丁は何?」
「包丁…」
剣を包丁と言われて、騎士は増す増す落ち込みました。
「これは、使い魔さんの剣です」
「これが剣!?すごいー」
子供たちの関心は、剣に集まり、触ろうとします。
「駄目だ!」
突然、騎士が大きな声を上げたので、子供たちはびっくりしました。
魔女は子供たちの側で座り、宥めます。
「ほんのちょこっとだけ見せてもらおうか」
魔女の妥協に、騎士は渋々剣を少しだけ見せます。

ミニ(堂上)ミニ(郁)騎士(手塚)ミニ(小牧)ミニ(柴崎)ミニ(手塚)魔女(柴崎)
「すごーい」
「きれいー」
ピカピカに光る騎士に子供たちは大喜びです。
「もっと見せてー」
子供たちの声援に、騎士は頭を振ります。

騎士(手塚)ミニ(堂上)ミニ(郁)ミニ(小牧)ミニ(柴崎)ミニ(手塚)魔女(柴崎)
「大事な人を守る時に使うものだ。危ないから簡単には見せられない」
子供たちは眼をキラキラさせて、本と同じだと叫びます。
「ぼくもまもる!」
「わたしも、わたしもまもりたい」
子供たちが手を必死に上げていると、魔女が手を叩きます。
「じゃあ、みんなでちゃんと勉強をして、守る方法を習いましょうね」

ミニ(堂上)ミニ(郁)ミニ(小牧)ミニ(柴崎)ミニ(手塚)
「はーい」

次から、魔女の教室に続き、騎士の教室が出来たのは言うまでも無い。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「んっふふふ」
ご機嫌な魔女の声に、騎士が不思議そうに近寄ってきました。
「どうかしたのか?」
「出来たわ」
魔女が持っていた紙を騎士に手渡します。
「これは?」
「時間割」
騎士はジッと紙を見つめて、ふんふんと頷き、固まりました。
「おい、これは!」
「一応気をつけて一緒に行動するから」
「いや、そうじゃなくて!木登りは…」
慌てる騎士に、魔女は微笑みます。
「勉強だけじゃなくて、運動も教えたかったのよ。あなたが来てくれて本当に嬉しい」
「う……ん」
魔女は布が置いてある机に座ると、針に糸を通しました。
「あんまし怪我させたら、親御さんたちが心配するから…特に元気のいい女の子が一番注意ね」
「………」
次に魔女は一生懸命ちくちくと繕います。
「木登りは…落ちて怪我したら、とても心配」
「分かった」
騎士は覚悟を決めました。
「全員、無事に上り下りさせる」
最後に縫い糸を纏めて、口で糸を切り、魔女は可愛くありがとうと呟きました。
「でもね、あなたも心配なのよ?」
騎士の正面に立ち、魔女がほんの少し寂しそうな顔になりました。
「魔女………」
騎士はドキドキしながら魔女の頬を触れ様としたとき、腕を掴まれました。
「信頼してるわ」
そして魔女がバサッと布を翻して、自分の姿を消した様に見えました。
「え、おい…」

…(柴+手)
「とっても似合う、これで怪我しにくいわね」
魔女はお腹を抱えて笑います。
彼女の笑い声を聞きながら、騎士は鏡を見て、木登りの特訓をしようと心に誓うのでした。


----------------------------------------------------------
 
騎士になってもはやり手塚w
特に最後!笑わせて頂きました。
あの格好で木登りは登りにくいだろに!!頑張れ手塚!!
なぎさん ありがとうございます!!


 拍手は なぎさん の所へ!!        
       ↑ここをクリック!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
web拍手
元気の源を!!
                  
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
プロフィール

 姉御 

Author: 姉御 
図書館戦争のアイコン素材を
作ってます。
皆様のHP・ブログにお役に立てれば
嬉しいです。

カテゴリ
リンク
図書館戦争
『図書館戦争』公式サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。